構造計算に裏打ちされた構造

住まいの大切な役割の1つに「安心安全な場所をつくる」ことがあります。すべての日常生活の拠点となる住まいには、確かな技術でつくられた高い安全性が必要ではないでしょうか。

当社の設計するすべての住宅では、構造計算による構造設計を行っています。なぜあえて明言するかと言えば、木造住宅の場合、一定規模以内であれば構造計算をしなくても建てることが出来ると、建築基準法で定められているためです。それは構造計算の代わりに壁量計算という、建物大きさに対して一定以上の耐震壁量を定めることで、建物の強度があると認める方法です。しかし壁量計算では、変形な建物の場合や、実際の地震力に対してどのような耐力があるのか、正確なシミュレーションをすることは出来ません。検証出来ない方法を用いて、クライアントに建物の安全性を保証することは出来ないとの考えから、当社ではすべての建物において構造計算による構造設計を採用しています。

SE構法の採用

当社では、構造計算による木造設計をするにあたり、「木造SE構法」を標準採用しています。木造軸組工法で構造計算をすることは可能ですが、軸組工法は基本的に壁で地震力などに対する耐力をつくる考え方のため、建物全体に耐震壁という穴を開けることの出来ない壁を配置しなければなりません。

軸組工法以外で木造にて構造計算を行う最もお勧めできる構法が、SE構法です。SE構法は、長野オリンピックスケート会場にもなった「エムウェーブ」に採用された大規模木造の技術を住宅に応用したもので、高い開放性と構造計算による検証できる安全性、そして柱梁など構造体を積極的に表す意匠性など、「快適に暮らす住宅」に相応しい構法です。

SE構法の柱梁は、構造用集成材です。これにより通常の木造では難しかった、吹き抜けている大空間や大開口、スパンを飛ばすなどが、安全性を構造計算により検証しながら実現可能になっています。

SE構法について詳しくはこちらを御覧ください。