西荻窪の家2

コミュニティバスが通る道路に面する2階建て住宅です。敷地が道路に対して細長い形状をしており、北側からの高さ制限を考慮しつつ、敷地なりの細長い建物となりました。1階にはLDKと家族が集まる和室を設け、2階に浴室等の水回りと個室を配置しています。隣家も敷地いっぱいに建つことを想定し、2階個室に常に自然光が入るように勾配屋根の一番上にハイサイドライトを設けています。また2階水回りの上部には小屋裏収納を計画しています。南側に屋根が勾配で上がっていく形状そのままを外観に表した、ガルバリウム鋼板の家です。

所在地:東京都杉並区
用途:専用住宅
構造:木造(SE構法)地上2階建て
仕様:耐震等級3・次世代省エネルギー基準
敷地面積:91.04㎡
建築面積:45.50㎡
延床面積:91.00㎡
設計期間:2015.02-2015.08
工事期間:2015.09-2016.03
構造設計:株式会社エヌ・シー・エヌ
施工:株式会社印南建設