四谷の家

交通量の多い通りから少し入った木造戸建住宅が建ち並ぶ地域に建つ2階建て住宅です。築約50年経つため、耐震診断と補強設計工事を行い、現行法規の耐震性を確保すると共に、間取りを大きく変えたフルリノベージョンです。既存は1階にLDK、2階に個室という間取り構成であったものを、LDKへの日当たりを確保するために、上下反転し2階LDKとしています。またリビングに隣接する1階屋根上部に大きなバルコニーを設け、屋外リビングとすると同時に、LDKからの視線の抜けを計画しました。

所在地:東京都新宿区
用途:専用住宅
構造:木造(軸組構法)地上2階建て
仕様:次世代省エネルギー基準、新宿区耐震診断補強済
敷地面積:66.02㎡
建築面積:43.06㎡
延床面積:76.18㎡
設計期間:2015.06-2015.10
工事期間:2015.11-2016.03
施工:大栄工業株式会社