スキップフロアとは何ですか。

建物の一部を半地下にしたり、ビルトインガレージを作ったりすると、他の部屋との床レベルに段差が出来る計画になる場合があります。床レベルがいくつもある計画をスキップフロアと呼びますが、敷地に建てられる立体ボリュームを最大限に活用する手法として有効です。また各部屋で床レベルが異なるので、同じ景色がなく目線が変わるなど、変化のある室内空間を実現することが出来ます。