建物の減価償却を考えた資産価値とは何ですか。

事業で不動産を所有する場合、建物は長い期間をかけて価値が下がり、最終的にはゼロになる「減価償却」の対象となります。一方土地は税制上は価値が下がらないものとされています。個人が持つ自宅に、事業での減価償却という考えを仮に当てはめた場合、長期間での資産価値を意識した計画をおすすめしています。