木造SE構法について教えて下さい。

木造にも大きく2つの種類があり、軸組工法と枠組工法があります。

軸組工法とは柱と梁に筋交いなどを入れて建てる工法で、枠組工法とは合板と枠をパネル状にして建てていく工法です。軸組工法の中にも柱と梁の接合部に金物を入れることで、地震時の梁のはずれなどを無くした金物工法というものがあり、木造SE構法もその1つです。

木造SE構法のメリットは耐震性の確保はもちろんのこと、長いスパンも柱無しで作ることができる点があり、当社でもよく採用しています。

SE構法のメリットについて、くわしくはこちらをご覧ください。
「SE構法を設計事務所や工務店に依頼するポイント。注文住宅で高品質・費用対効果の高さを実現する方法とは」