火災保険と地震保険はどのように入れば良いでしょうか。

建てる敷地によって、法規で求められる建物の耐火性能が異なります。仮に準耐火建築物で計画された場合には、火災保険の割引があります。また耐震性能を担保するために耐震等級を取得した場合は、地震保険の割引があります。いずれも建物工事中に設計図等の資料を見ながら保険加入の検討を始めるのが良いでしょう。