耐震補強を行い2世帯住宅へと生まれ変わった北新宿の家

このプロジェクトは、現在の住まいを耐震補強した上で、お子さま世帯と同居できる2世帯住宅に改修するために、お客さまより建築の相談を頂き始まったプロジェクトです。

築42年を経た木造住宅の耐震診断を行い、耐震性に不安があることが分かったため、耐震性を上げるための補強の設計・工事を行いました。それに伴い、内部は全面的なリフォームを行っています。耐震補強工事を行うことで、構造面で大きく改善し、また内部もリフォームしたことで、まるで新築のように耐震性も室内環境も生まれ変わりました。

本計画は新宿区の耐震診断・補強工事への補助金制度を用いたため、補強工事に関する大部分を補助金で賄っています。

お金デザインのポイント

POINT01耐震診断と補強工事に自治体の補助金を受けるためのサポートを実施

建築デザインのポイント

POINT01外壁を壊さずに室内側から壁補強を入れることで、工期とコストの圧縮

POINT022世帯住宅にするために間取りを一新

POINT032階はお客さま自身で仕上げるために、補強壁をそのまま表す

基本情報

建築主
個人(ご夫婦+お子様世帯)
資金
建物2,000万円
所在地
東京都新宿区
用途
専用住宅
仕様
木造地上2階建て
延床面積
116㎡

プロジェクト体制

お金デザイン
ファイナンシャルプラン:長沼アーキテクツ株式会社
建築デザイン
設計・工事監理:長沼アーキテクツ株式会社
工事:株式会社スタイル工房

プロジェクトのプロセスや完成写真

北新宿の家
耐震補強をした上で外装をすべて新装した
北新宿の家
内装はフローリングやクロスなどすべて新装した
北新宿の家
2階は仕上げをせずに、白い耐震補強壁がそのまま現れる
北新宿の家
補強した既存梁が見える屋根小屋組み
北新宿の家
既存にあった大きなサッシをそのまま活用