高低差のある土地に建てたビルトインガレージのある西荻窪の家

西荻窪の家

このプロジェクトは、限定したエリアで土地を探し購入されたお客さまより、建築の相談を頂き始まったプロジェクトです。

道路に面してビルトインガレージを設け、玄関を入ると正面にガレージが見える平面構成をしています。1階にはガレージの他に、個室と外部収納があり、2階にLDKと屋外テラス、浴室などの水回りがあります。階段を上がった先の小屋裏には収納を設けて効率的に空間を使いました。

高低差がある土地を詳細に検討しながら、高い耐震性を構造計算により実現し、長期優良住宅の認定を取得しています。

お金デザインのポイント

POINT01長期優良住宅の認定を取得し、住宅ローン控除などのメリットを実現

建築デザインのポイント

POINT01木や石、漆喰などの天然素材をふんだんに使用

POINT02大きな窓に吹抜のあるLDKに隣り合う、屋外テラスを配置

POINT03高低差のある土地で、高い耐震性を構造計算により確保

基本情報

建築主
個人(ご夫婦+お子様1人)
資金
建物3,800万円
所在地
東京都杉並区
用途
専用住宅
仕様
木造地上2階建て
延床面積
102㎡

プロジェクト体制

お金デザイン
ファイナンシャルプラン:長沼アーキテクツ株式会社
建築デザイン
設計・工事監理:長沼アーキテクツ株式会社
工事:株式会社大熊工業

プロジェクトのプロセスや完成写真

西荻窪の家
天然木を貼った1階に白い箱の2階が乗る外観の構成
西荻窪の家
天然石の壁に天然木の天井の吹抜空間のLDK
西荻窪の家
黒い天然木が張られたカウンターに仕切られたキッチン
西荻窪の家
リビングに隣り合う屋外テラスは天然石の壁と木製ルーバーで仕切られる
西荻窪の家
子ども部屋は将来2つに分けられるように大きく1つで計画