自宅兼事務所で事務所と住宅をスムーズに行き来できる仙川の家

仙川の家

このプロジェクトは、お客さまの奥様が開業している会社の事務所を自宅に併設するため、建築の相談を頂き始まったプロジェクトです。

事務所を併設することで自宅と事務所の2つの玄関があり、道路からのアクセスや事務所の道路からの見え方などをまず検討しました。その結果、事務所は道路に面する位置に計画し、自宅の玄関はその反対側とすることで、それぞれの玄関への動線を明確に分けました。1階は事務所と自宅を行き来できるようにし、事務所以外には個室や和室を設け、2階にはLDKとご主人の書斎、浴室などの水回りを配置しています。

奥様の業務が滞らないように、新築する事務所の開業スケジュールを厳守する必要があったため、工務店と協力して、設計の段階から予算調整、工期の検討などを行いました。

お金デザインのポイント

POINT01設計段階から施工会社と協力して工期をコントロール

建築デザインのポイント

POINT01事務所と自宅への道路からのアクセスを分離しながら内部で行き来可能

POINT02客間を兼ねた着物の着付けをする和室

POINT03吹抜のあるLDKとすぐ横にある階段からアクセスする小屋裏収納

基本情報

建築主
個人(ご夫婦)
資金
建物3,200万円
所在地
東京都調布市
用途
専用住宅
仕様
木造地上2階建て
延床面積
90㎡

プロジェクト体制

お金デザイン
ファイナンシャルプラン:長沼アーキテクツ株式会社
建築デザイン
設計・工事監理:長沼アーキテクツ株式会社
工事:株式会社大熊工業

プロジェクトのプロセスや完成写真

仙川の家
2つの入口を持つ事務所を併設した住宅
仙川の家
事務所用玄関を入ると来客用カウンターが出迎える
仙川の家
お客さまの趣味である着物の着付けをする和室
仙川の家
2階には吹抜のあるリビングとダイニングにはシャンデリアを配置
仙川の家
LDKの横にある小屋裏収納への階段には天然石のレリーフが埋め込まれている