金融機関との交渉・融資のサポートで実現した水道橋の家

水道橋の家

このプロジェクトは、お客さまのご実家の一部をリノベーションしてご家族で住みたいというご相談を頂いたことではじまったプロジェクトです。

ご実家の建物を調査したところ、既存建物の躯体は十分に使用でき、また間取りを自由に変更できる構造計画であることが分かったため、建て替えではなくリノベーションを選択しました。リノベーションをする場合に課題となる資金計画は、お客さまの自己資金に加えて、取引のあった金融機関との交渉をサポートしました。

敷地南側には公園があるため将来に渡って南側からの採光通風が確保できると予想され、明るいリビング空間を中心に全体計画を立てています。南側公園に沿うようにLDKを配置し、廊下を挟んで、個室と水回りを北側に配置しました。

お金デザインのポイント

POINT01リノベーション費用の融資を受けるためのサポートを実施

POINT02工事費を予算内に納めるために計画初期段階で施工会社の選定を実施

建築デザインのポイント

POINT01既存建物の調査を実施しリノベーションを選択

POINT02南側の公園から採光を得られるようにLDKを配置

POINT03既存建物に最新の省エネ技術を取り入れた住宅を実現

基本情報

建築主
個人(ご夫婦+お子様3人)
資金
建物2,400万円
所在地
東京都文京区
用途
共同住宅 専有部分
仕様
鉄骨造地上2階建て1階部分
延床面積
133㎡

プロジェクト体制

お金デザイン
ファイナンシャルプラン:長沼アーキテクツ株式会社
建築デザイン
設計・工事監理:長沼アーキテクツ株式会社
工事:株式会社リモルデザイン

プロジェクトのプロセスや完成写真

水道橋の家
キッチンからリビングダイニングを見る
水道橋の家
南側の公園から豊かな採光が入るLDK
水道橋の家
自然光が入るキッチンとタイルの床
水道橋の家
ウォークインクローゼットを備えた寝室
水道橋の家
パウダールームのようなオリジナルの洗面台