ファイナンシャルプランナー(FP)の探し方とは?相談方法・相談料・資格・特徴を紹介

ファイナンシャルプランナー(FP)は、保険や融資、住宅ローンなど得意分野も異なり、資格の種類も多い専門家です。ファイナンシャルプランナーに相談する場合も、企業に所属するファイナンシャルプランナーに無料で相談できる機会もありますし、独立して事務所を構えているファイナンシャルプランナーに相談料を払って相談に乗って貰う方法もあります。

実際にファイナンシャルプランナーにお金の相談をする際、自分に合ったファイナンシャルプランナーに相談するためには、どのような探し方・選び方が必要なのでしょうか。

この記事では、ファイナンシャルプランを相談できるファイナンシャルプランナー(FP)について、現役のファイナンシャルプランナーが、相談の流れや探し方・選び方、相談の際に事前に準備するもの、料金の相場などを網羅的に解説します。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナーとは、家計のお金の流れをあきらかにするファイナンシャルプランの作成を通じ、適切な人生設計の提案、収支のバランスのチェック、具体的な見直し方法のアドバイスなどを行う専門家です。

ファイナンシャルプランとは、子供の人数や、親との同居、持ち家の購入などのライフプランを下敷きに、給与や年金といった収入、老後の生活費や子供の教育費、住宅費などの支出についてキャッシュフローを試算したものです。

給与や年金などの収入、家賃や住宅ローン返済など住まいにかかる費用、子供が独り立ちするまでの教育費用、老後の生活費用といったさまざまな項目について、現在から将来にかけて毎年の収支を明らかにすることで、金銭的な不安をなくす効果が得られます。

ライフプランを検討する上で特に大きな支出となる住宅費用・教育費用・老後の生活費用は「3大支出」と呼ばれています。

ファイナンシャルプランナーへの相談で試算される項目については、ファイナンシャルプランの具体的な内容を別記事で解説していますので、ぜひご参照ください。

ファイナンシャルプランナーの種類とは?企業系と独立系の違いを解説

ファイナンシャルプランナー(FP)には、企業に所属するファイナンシャルプランナーと、独立して事務所を構えているファイナンシャルプランナーの、大きく分けて2つの種類があります。

この記事では、企業に所属するファイナンシャルプランナーを「企業系ファイナンシャルプランナー」、独立して事務所を構えているファイナンシャルプランナーを「独立系ファイナンシャルプランナー」と呼びます。それぞれの特徴を整理すると、次のようになります。

企業系ファイナンシャルプランナー

企業系ファイナンシャルプランナーとは、銀行や保険会社、ハウスメーカー等の企業に所属するファイナンシャルプランナーを指します。SUUMOカウンターやほけんの窓口など、複数の企業の商品を扱う代理店に所属するファイナンシャルプランナーもここに含まれます。各種のローンや保険の内容、その手続きの方法など、自社や契約企業の商品についての知識が豊富です。

企業系ファイナンシャルプランナーへの相談料は、自社の製品を購入してもらうことで収益が発生するほか、営業担当者がファイナンシャルプランナーの資格を持っていて相談サービスを兼務しているケースなどがあり、基本的に無料になっています。無料なので相談しやすいですが、お客様に企業の自社製品(保険など)を購入してもらうためのアドバイスが中心になります。

独立系ファイナンシャルプランナー

個人で事務所を開設して、ファイナンシャルプラン相談を受けているファイナンシャルプランナーを、独立系ファイナンシャルプランナーと呼びます。独立系のファイナンシャルプランナーは、相談料が有料になるので敷居が高く感じられるかもしれませんが、相談自体で料金が発生している分、製品の営業ではない、中立的で個別の事情に寄り添ったアドバイスを受けられる傾向にあります。詳しくは、この記事後半の「ファイナンシャルプランナーへの相談料金は?料金の有無など業界のからくりを解説」で解説しています。

出身の企業や事務所などによって、経験や知識などに得意なジャンルがあるので、事前に問い合わせたうえで、探し方、選び方の参考にしてください。

企業系ファイナンシャルプランナー 独立系ファイナンシャルプランナー
  • 銀行、保険会社、ハウスメーカー等の企業に所属するFP
  • 自社や契約企業の商品についての知識が豊富
  • 基本的に相談料が無料
  • 自社商品を購入してもらうことが目的になるため、商品の購入へ誘導する
  • 独立して開業しているFP
  • 中立的なアドバイスをくれるので信頼できる
  • 相談料が有料になる
  • 経験や知識など得意なジャンルがある
  • ファイナンシャルプランナーに必要な資格とは?FP技能士とAFP・CFPの違い

    ファイナンシャルプランナー(FP)には、いくつかの資格があり、ファイナンシャルプランナーを探す際の手がかりになります。大きく分けると、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士と、NPO法人日本FP協会が認定する民間資格(CFP資格・AFP資格)があります。

    資格が複数あるうえ、ファイナンシャルプランナーは無資格でも名乗ることができ、資格名を書かずにファイナンシャルプランナーを名乗っているケースがありますので、どのような資格があるのかを理解して、選ぶ際の基準にしましょう。

    国家資格|ファイナンシャル・プランニング技能士(1~3級)

    国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士は、3級から1級のレベルに分かれています。資格には有効期限がなく、更新の必要がありません。

    ファイナンシャル・プランニング技能士は、国内の資産運用や税金などの日常生活に必要なお金の知識を持っています。金融機関や不動産業などでファイナンシャルプランナーとして勤めるには、2級以上の資格が必要と言われています。相談するファイナンシャルプランナーを探す際には、2級ファイナンシャル・プランニング技能士以上であることを探し方、選び方の目安としましょう。

    民間資格|CFP資格・AFP資格

    CFP資格とAFP資格は、日本FP協会が認定している民間資格です。CFPとAFPは2段階の資格となっており、CFPの方がAFPよりもレベルの高い資格です。CFPとAFPには有効期限があり、保持し続けるには更新が必要となります。更新には、定められた期間中に日本FP協会が実施している継続教育を受け、単位を取得する必要があります。定期的に講習を受けているため、更新が不要なファイナンシャル・プランニング技能士と比較して最新の知識を持っている可能性が高くなります。

    AFP資格は2級ファイナンシャル・プランニング技能士と同等のレベルとされていますので、ファイナンシャルプランナーの探し方、選び方の目安になります。

    CFPは、ファイナンシャルプランナーの資格の中でも最上級の資格とされていて、多くの国に導入されている国際資格でもあります。

    それぞれの資格の詳細は、日本FP協会のウェブページ「FPの資格と検定の種類」に掲載されています。

    ファイナンシャルプランナーの探し方とは?

    相談したいファイナンシャルプランナー(FP)の探し方はたくさんありますが、ここではいくつかの方法をご紹介します。

    日本FP協会など公的なページから探す

    日本FP協会のCFP認定者検索システム

    もっとも信頼できる方法が、日本FP協会が提供している「CFP認定者検索システム」です。ファイナンシャルプランナーの資格の中でも最上級の資格とされるCFP資格を取得したファイナンシャルプランナーのみをウェブ上で検索することができます。ファイナンシャルプランナーが所在する都道府県や相談したい分野、性別、年齢、相談料金の範囲、ファイナンシャルプランナー以外の所有資格などから検索することができます。検索画面からは、FPのウェブページを確認できるほか、コンタクトページから直接問い合わせることもできます。

    日本FP協会の無料相談会・電話無料相談

    ウェブからの検索を控えたい場合は、日本FP協会が定期的に開催している無料相談会に参加したり、同じく日本FP協会の電話相談でも、日本FP協会が認定したファイナンシャルプランナーに直接相談することができます。

    大手の保険相談窓口など代理店ウェブサイトから探す

    大手保険相談窓口などの代理店では、所属するファイナンシャルプランナーが提案する複数の商品を比較して検討します。ここでは各ジャンルの代表的な代理店ウェブサイトをご紹介します。

    保険

    「ほけんの窓口」では、所属するファイナンシャルプランナーの解説付きで、複数の保険商品から比較検討します。保険選びに必要な保障内容や保険料などの情報をプロが整理して紹介するほか、ライフステージの変化に合わせた保険の見直しにも利用できます。各エリアの窓口のほか、オンラインでの保険相談も受け付けています。

    住宅ローン

    「SUUMO 家とお金の相談」では、住宅ローンをはじめとした住宅購入にあたっての資金計画や税制など、住宅購入時のお金についてのアドバイスを受けることができます。住宅購入の資金計画だけでなく将来のライフプランを含め包括的な視点で住宅ローンの検討が可能です。

    全般

    「マネードクター」では、保険や貯蓄、資産運用、相続、教育資金など、お金に関する問題を包括的に相談することができます。マネードクターのウェブサイトに掲載されている関連企業はほとんどが保険会社となっていて、記載内容や事例紹介も保険に関するものが多く見られます。

    企業の店舗窓口や住宅展示場で相談する

    銀行・証券会社

    銀行(例:SMBC)や証券会社(例:大和証券)では、所属するファイナンシャルプランナーに貯蓄や資産運用など、お金の使い方についての相談が可能です。積立や投資など、自社が扱う金融商品について詳しい解説を受けられます。なお、こうした銀行・証券会社でのお金の相談は、担当者がファイナンシャルプランナーではない可能性もありますので、注意が必要です。

    ハウスメーカーの住宅展示場

    ハウスメーカーの住宅展示場では、営業担当者がファイナンシャルプランナーの資格を持っていて相談サービスを兼務している場合や、展示場内にファイナンシャルプラン相談コーナーを設けている場合があり、希望すればその場で相談サポートを受けられます。

    独立系ファイナンシャルプランナー事務所のサイトから相談する

    独立系ファイナンシャルプランナーにはそれぞれ個性や得意ジャンルがあります。ウェブサイトをきちんと確認すると、自分に合ったファイナンシャルプランナーに出会える確率が高まります。ここでは、独立系ファイナンシャルプランナーのウェブサイトをいくつかご紹介します。

    森本FP事務所

    税理士事務所出身のファイナンシャルプランナーが経営する独立系ファイナンシャルプランナー事務所です。資産運用に関する相談に強く、さまざまな分野の専門家と連携したサービスを受けることができます。

    平井FP事務所

    住宅ローン・不動産に関する相談に特化した独立系事務所です。2020年6月に発売された著書『2021 住宅ローン借り方・返し方 得なのはどっち?』は、住宅ローンに関する書籍の中でも1番わかりやすい本だと思います。

    長沼アーキテクツ

    この記事を書いているファイナンシャルプランナー兼設計事務所です。ファイナンシャルプランナーと一級建築士の資格を持つ「お金と住宅のプロ」として、ファイナンシャルプラン相談を提供しています。住宅の専門家としての視点から、お金に関する相談を受け付けています。

    ファイナンシャルプランナーの選び方とは?得意ジャンルの違いを理解する

    ファイナンシャルプランナー(FP)はお金についての専門的な知識を持っていますが、それぞれに得意とするジャンルがあります。たとえば保険や融資、資産運用、税制や贈与、住宅ローンなどです。ファイナンシャルプランナーの選び方と違いを判断する目安として、相談したいジャンルが得意なファイナンシャルプランナーを探しましょう。

    企業系ファイナンシャルプランナーの場合は、保険会社なら保険、金融機関なら融資、ハウスメーカーなら住宅のように、所属する企業の分野についての専門知識が豊富です。しかし、企業系ファイナンシャルプランナーは、自社や提携企業の商品を販売することが大きな目的になっているので、商品を購入する予定がなければ、企業系ファイナンシャルプランナーのサービスを受けることは避けることをおすすめします。

    独立系ファイナンシャルプランナーの得意分野は、それぞれのウェブサイトなどに記載しているはずです。多くのファイナンシャルプランナーのウェブサイトではトップページに得意なジャンルを記載しています。より具体的な内容は、サービス内容や相談事例のページ、著書を執筆されている方や講演の講師を務めている方であれば、実績ページに記載されています。独立系ファイナンシャルプランナーであれば、ある程度どの分野についても知識を持っていますが、より具体的なアドバイスを受けるためにも、事前に確認しておくことをおすすめします。

    ファイナンシャルプランナーへの相談の流れ・時間・場所・料金の目安

    各ファイナンシャルプランナーによって異なりますが、主に独立系ファイナンシャルプランナーの場合の目安となる相談の流れについて、時間・場所・料金の切り口からご紹介します。

    標準的な相談の流れ

    相談の申し込み

    相談したいファイナンシャルプランナーが決まったら、まずは連絡をとって相談の申し込みをします。相談の日時や場所について確認すると同時に、料金など疑問点があれば確認するようにしましょう。その際、相談にあたって事前に準備すべきものがあれば確認してください。

    事前準備

    事前準備するものは、家計簿や給与明細などの収入情報、家賃などの支出情報といった、現在の収支状況について共有できる資料があれば良いです。事前に記入する質問表などを用意している事務所もありますので、確認しましょう。

    初回相談

    初回相談は、お金に関するお悩みや課題について詳しくお話し、ファイナンシャルプランの作成に必要な情報や、将来のライフプランなどについて共有します。問題点を整理し、解決策を模索します。
    その場のご相談のみで解決可能な問題の場合は、初回で相談が終了になる場合もあります。

    プラン作成

    初回相談の内容や事前にいただいた情報をもとに、ファイナンシャルプランを作成します。
    事前にファイナンシャルプラン作成のために必要な情報を記入するシートをお渡しし、ご提出いただいた内容をもとに簡易なプランを作成しておき、初回訪問のみで相談が完了する場合や、プランを作成したのち、その解説のために2度目の相談時間をもうけていただく場合などがあります。

    改善策の実行

    問題に対する改善策を実行します。ファイナンシャルプランナーは、各種の手続きや各分野の専門家の紹介などの支援を行います。

    アフターフォロー

    家族構成の変化に合わせて、ファイナンシャルプランやライフプランの見直しや、加入している保険の見直しなどのアフターフォローを行います。

    FP相談フローチャート

    相談の時間

    ファイナンシャルプラン相談の1回あたりにかかる時間は、90〜120分程度です。独立系のファイナンシャルプランナーの場合、1度お話をうかがい、その後ライフプランやファイナンシャルプランを作成したのち、その解説のために再度時間をもうけていただくような、2〜3回での相談パッケージを用意しているところが多く見受けられます。

    たとえば、平井FP事務所では、初回に現状の家計診断と改善点のアドバイス、2回目に作成したプランの確認や改善策の提案、3回目に住宅ローンの比較提案やアドバイスを行う、これから住宅ローンを組む方向けの全3回の相談パッケージをご提案されています。

    また、事前にファイナンシャルプラン作成のために必要な情報を記入するシートをお渡しし、ご提出いただいた内容をもとに簡易なプランを作成しておき、1度の訪問で完結する相談をおこなっているファイナンシャルプランナーもいます。長沼アーキテクツのFP相談では「お金デザインシート」と呼んでいるシートを事前にお渡しし、可能な範囲でご記入いただいています。

    長沼アーキテクツのFP相談でお渡しする「お金デザインシート」。

    相談の場所

    ファイナンシャルプランの相談は、主にファイナンシャルプランナーの事務所にて行われます。希望によってはご自宅への訪問や、最近ではオンラインでの相談に対応しているファイナンシャルプランナーもいますが、事務所の立地場所がある種のステータスになっている部分もあり、まだ多くはありません。

    相談の料金

    独立系のファイナンシャルプランナーへの相談は、3万円程度の料金になり、作成したファイナンシャルプランが納品されます。ファイナンシャルプラン以外に、保険など具体的な商品の紹介や、税理士など他業種の専門家の協力が必要になる場合は、追加料金が発生する場合があります。

    具体的な相談料金について、いくつかの事務所の料金をまとめました。

    時間 料金 内容
    A社 90分 15,000円 相談のみ
    B社 1〜2時間×2回 33,000円 ファイナンシャルプランの作成・解説込み
    C社 30日間回数制限なし 19,800円 ファイナンシャルプランの作成込み
    D社 年1回 6,000円 定期的なプランの見直し

    実際の相談料金については、相談を申し込む前にファイナンシャルプランナーへ直接ご確認ください。相談料金の体系は、内容調査を日本FP協会が公開していますので、ご参照ください。

    料金体系について|日本FP協会

    ファイナンシャルプランナーへの相談料は?相談料の有無など業界のからくりを解説

    独立系のファイナンシャルプランナーへの相談には、相談料金が発生しますが、起業やプラットフォームサイトに所属するファイナンシャルプランナーへの相談は基本的に無料です。なぜ無料でファイナンシャルプランの作成が可能なのでしょうか?

    企業系ファイナンシャルプランナーへの相談が無料な理由

    企業系のファイナンシャルプランナーは、自社が取り扱っている保険などの商品をお客様に購入してもらえれば収益が発生するので、ファイナンシャルプラン相談自体は無料になるケースが多いです。

    また、プラットフォームサイトに所属するファイナンシャルプランナーは、契約している企業の製品を販売することで、その企業から売上の数%を紹介料として受け取っていることが多いので、相談自体は無料になっています。

    その分、自社の製品や、紹介することで手数料が得られる商品やサービスを購入してもらえるよう、購入を誘導する傾向にあります。

    銀行や証券会社などでは、売りたい商品がある程度決まっている部分があるので、具体的なファイナンシャルプランを考えてくれない、複数の商品の比較もさせてもらえない場合があります。特に近年は、ファンドラップのような手数料の割合の高い投資信託を勧められることが増えています。

    窓口に立つファイナンシャルプランナーは、紹介料の利率が大きい商品を売れば業績につながるので、相談者の利益や相談内容に関わらず、特定の企業の商品を勧める傾向があります。

    独立系ファイナンシャルプランナーへの相談が有料な理由

    独立系のファイナンシャルプランナーへの相談は、ファイナンシャルプラン相談自体を商品としていますので、相談に料金が発生します。

    独立系ファイナンシャルプランナーのなかにも、契約企業の商品を販売し、紹介料を受け取っている事務所はありますが、多くは商品の販売をせずに、ファイナンシャルプラン相談のみを行っています。

    とはいえ、ファイナンシャルプラン相談のみでは、事業として成り立ちにくいのが現状です。それでも多くの方が独立系ファイナンシャルプランナーとして活動されているのは、相談者のニーズを把握したうえで、困っている方に対してオーダーメイドの解決策を提示できることにやり甲斐を感じられているからだと感じます。

    また、実際に有料相談を提供する立場のファイナンシャルプランナーとして、相談に来られるお客様の真剣さにも違いが生まれていることで、本質的なアドバイスに至りやすいようにも感じています。有料だからこそ、お金についての相談を強く求めている方に、中立的で適切なファイナンシャルプランの提供が可能になるのです。

    相談したい内容に合った適切なファイナンシャルプランナーを選ぼう

    ファイナンシャルプランナーには、種類や得意ジャンル、相談料金の有無など、複数の違いがあります。ファイナンシャルプランナーの特性の違いを理解し、自分にあった適切なファイナンシャルプランナーを選んで相談しましょう。

    • ファイナンシャルプランナーには大きく分けて「企業系」と「独立系」の2つの種類がある
    • 企業系のファイナンシャルプランナーは、自社製品や契約企業の商品を販売し収益を得ているので、相談料が基本的に無料
    • 独立系のファイナンシャルプランナーの相談料は有料が多い
    • ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士、日本FP協会が認定する民間資格のCFP資格・AFP資格がある
    • ファイナンシャルプランナーには、保険や資産運用、住宅ローンなど得意分野がある
    • 独立系のファイナンシャルプランナーを探すには、日本FP協会のCFP認定者検索システムが便利
    • ファイナンシャルプランナーに相談するときには、現在の収支状況について把握できる書類があるとスムーズ

    長沼アーキテクツは、ファイナンシャルプランナーと一級建築士の資格を持つ「お金と住宅のプロ」として、有料のファイナンシャルプラン相談を提供しています。お金の知識はもちろん、住宅設計や土地選びなど住宅にまつわる知識も豊富に有していますので、一般的に難易度の高い住宅費用の試算など、精度の高いファイナンシャルプランの作成が可能です。商品の営業や、注文住宅の建設への誘導などは行っていませんので、安心してご相談ください。

    ファイナンシャルプランナー(FP)の探し方・選び方に関する事例・リンク

    ファイナンシャルプランナーの相談方法とは?リスクの高い住宅費の費用対効果を高める方法やライフプランを踏まえた資金計画の立て方を建築士である新宿区のFPが解説
    ファイナンシャルプランで試算される項目の具体的な内容と、一般的なファイナンシャルプランナーでは判断が難しい住宅費用について、適切なコストバランスを算出して精度の高いファイナンシャルプランを作成するポイントを解説しています。

    設計事務所や建築家に住宅ローンの相談ができる?資金計画やライフプランも相談できる「お金デザイン」とは?
    ファイナンシャルプラン作成など、長沼アーキテクツの「お金デザイン」サービスについて概要をまとめています。「お金と住宅のプロ」である長沼アーキテクツならではのサービスやメリットを解説しています。