建築家の探し方とは?建築家の種類や相談方法、自分に合った建築家の選び方を解説

建築家は、建物の設計を行う専門家です。日本には数多くの建築家がいますが、実際に建築家に住宅の設計を依頼したい場合、どのような基準で自分に合った建築家を探せばよいのでしょうか。

この記事では、建築家の種類や特性の違いの解説、具体的な探し方の比較、注意するポイントの整理などを通して、建築家の探し方・選び方について網羅的にご紹介します。

建築家とは?設計事務所や工務店、ハウスメーカーとの違いは?

建築家は、建築士や設計士とも呼ばれることがありますが、この記事では統一して「建築家」を用います。まずはこうした呼び方の違いや、住宅を設計する職業として、ハウスメーカーや工務店との違いについて解説します。

建築家と、建築士、設計士、設計事務所との違いは?

建築士は、国家試験を受けて「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」のいずれかの資格を取得した人を指します。国家資格としての名称が存在するのは「建築士」のみです。

設計士は、企業などに所属し、設計に関する業務を行う人の職業名として使われます。また建物以外でも、自動車や機械などの図面を作成する人が設計士と呼ばれることもあり、建築士免許を保有していない可能性もあります。

建築家は、建築家は、建築士資格を持つ人のうち、主に意匠(デザイン)の業務を重点的に行う人の名称として用いられています。建築の設計業務は分業化しており、建物の構造を設計する構造家や、設備設計を行う建築設備士などが存在します。構造設計を行うにも建築士免許が必要なため、こうした職業との差別化のため、主に建物のデザインを担当する職業の名称として建築家を用いています。

設計事務所や建築士事務所は、主に建築士資格を持つ建築家が在籍する事務所を指します。事務所内には建築士資格を持っていない人がいる可能性がありますので、事前に確認するようにしましょう。

建築家と、ハウスメーカー、工務店との違い

住宅を提供している職業として、主に建築家・ハウスメーカー・工務店の3つがあります。

建築家は、お客様の要望に基づいて設計を行い、敷地の形状や周囲の環境に合ったオリジナルの住宅を提案します。施工は工務店に依頼します。施工や構造設計など、複数の専門家が関わるため費用が高くなると思われがちですが、設備や仕上げのグレードなど細かく変更が可能なので、予算調整も柔軟に対応することができます。

ハウスメーカーは、規格化された住宅を提供しているメーカーです。基本プランが規格化されているため、お客様は基本プランをベースに間取りや仕上げのグレードなどを決めます。一般的に間取りの打ち合わせなども営業担当が行います。ハウスメーカーは住宅を規格化することで生産コストを下げ、工期を短縮することで高品質な住宅を提供しています。そのため間取りの自由度は低く、規格外の要望は費用が高くなります。住宅展示場でモデルハウスを体験でき、坪単価で価格がわかりやすいことも特徴です。

工務店は、ハウスメーカーと比較すると小規模ですが、地域に密着して住宅の設計・管理・施工(建設)を行う会社です。住宅のプランや設備が規格化されたハウスメーカーと比べ、設計の自由度は高く、広告宣伝費も少ないため、費用が安くなることが特徴です。設計から施工までを一括で依頼することになるため、工務店が得意とする施工方法に合わせた設計になることがあります。

建築家が得意なこと

建築家は、プランが規格化されたハウスメーカーなどとは異なり、お客様の要望や敷地の条件、予算や法令に配慮した住宅の設計を行います。真四角でない変形敷地や旗竿敷地、狭小な敷地での住宅の提案も得意です。土地探しから建築家のサポートを受けることもできるので、都心でも比較的安価に購入できる不整形な土地での住宅建設が可能になります。

お客様のライフプランに合わせた提案ができるので、将来の機能の変更や賃住併用住宅など、資産価値を考慮した住宅の設計も可能です。

資産価値を考慮した住宅の設計については、建築家と工務店を活用して費用対効果を最大化する方法を別の記事でまとめていますので、ぜひご参照ください。

建築家の種類とは?資格免許や経歴の違いを紹介

ひとくちに建築家と言っても、保有している免許の違いや、経歴による特性などの違いがあります。

建築士免許の違い

国家資格である建築士免許には、「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類があります。資格の難易度は木造〜二級〜一級の順に高くなります。それぞれの資格で限定されるのは主に建物の規模なので、小規模な住宅であればいずれの資格の建築家にも問題なく住宅の設計を依頼できます。

一級建築士は、設計する建物の構造や高さ、延べ面積に制限がありません。住宅だけでなく、大規模な公共施設や商業施設、高層マンションに携わることができます。その分、一級建築士試験の難易度は高く、年間の合格者は全体の約1割程度です。

二級建築士は、一級建築士に比べて設計できる建物の規模と構造に制限があります。木造建築物の設計なら3階建てまで。建物高さ13m、軒高9mを超える建物は設計できません。また延べ面積1000㎡以上の建築物設計も認められていません。木造建築物ではなくRC造や鉄骨造の場合はさらに制限が厳しくなります。

木造建築士は、小規模な木造建築物(階数2階建て以下、延べ床面積300㎡以下)の設計・工事監理ができる資格で、住宅や歴史的建造物の工事に携わることができます。一般的な住宅の広さは130㎡程度ですので、木造建築士でも問題なく住宅を設計できます。木造建築士の試験には大工の専門的知識が求められ、一、二級建築士ではまかないきれない木造建築物の専門的知識を持ち、木造建築物の設計や建築工事はもちろん、歴史的建造物の維持においてもその知識と技術が重宝されます。

経歴による特性の違い

建築家は、自身の経歴によって特性が大きく異なります。以前の職場で積んだ建築家としての業務経験が、その後の業務内容に関わるためです。

大きく分けて、アトリエ設計事務所出身・組織事務所出身・ハウスメーカー出身の3種類があります。

アトリエ設計事務所は、意匠設計に特化した建築設計事務所を指します。多くの設計事務所はアトリエ系に属し、構造設計などは別の構造設計事務所に依頼するなど、分業化されています。アトリエ設計事務所は、所長に決裁権限があり、お客様の要望がダイレクトに提案に反映されるメリットがあります。他方で、所長の作風や業務の進め方に強く影響を受けるため、アトリエ設計事務所出身の建築家は、同様の作風であったり、複数の設計要件の経験に乏しい可能性があります。

組織事務所とは、ひとつの会社の中に意匠設計だけでなく構造設計や設備設計など複数の業種の専門家が在籍する設計事務所です。複数の専門家が組織的に業務を行うため、内部での設計に関する確認のスピードが早い反面、組織の上層部への承認プロセスに時間を要する可能性があります。組織設計事務所では個人住宅を扱う事例が少なく、学校や庁舎など公共建築の設計を多く行っているため、組織設計事務所出身の建築家は住宅の設計経験が少ない可能性があります。その分、さまざまな要件の設計経験があり、金額のコントロールに長けた建築家が多い傾向があります。

ハウスメーカー出身の建築家は、基本的にはメーカーが規格化した基本プランや坪単価を用いた設計の経験しかなく、自由な設計の発想や金額のコントロールが苦手な傾向にあります。ハウスメーカー在籍時に担当する物件数は多いので、限られた条件の中で要望に答える豊富な知識を持った建築家が多いことも特徴です。

建築家を探す方法とは?ウェブ、雑誌、イベントなどでの探し方

実際に一級建築士として設計業務に従事している日本の建築家は5万人程度います。建築家の数が多すぎてどのように探せばよいかわからない方に向けて、自分に合った建築家を探すための方法を事例と合わせてご紹介します。

建築家紹介・登録サイトで探す

近年、複数の建築家の中から好みの事例などを通して検索することができる建築家紹介サイトが増えています。エリアごとに建築家を探すことができたり、写真や予算から事例を絞り、サイト内で建築家と直接連絡がとれる場合もあります。ここでは、代表的な建築家紹介サイトを、手数料の有無などと合わせて複数比較してご紹介します。
サイトごとに登録の有無や登録料の有無、建築家との成約時の手数料の有無やグレード感に違いがあります。各サイトごとに比較して、自分に合った建築家を探すために最適な建築家紹介・登録サイトを選びましょう。

*表は右にスクロールします

サイト名 運営会社 ユーザー登録 建築家登録 成約時の手数料 グレード感
houzz houzz ◯(事例写真を登録できる) ◯(有料) ×
オシャレな別荘や、高額リノベーションなど
SUVACO SUVACO株式会社 ◯(事例写真を登録できる) ◯(登録無料、成功報酬モデル ×
リノベーションや二世帯住宅、狭小などさまざま
homify homify ◯(事例写真を登録できる) ◯(登録無料、成功報酬モデル) ×
建築家らしいアイデアの事例が多い
建築知識研究所 フリーダムアーキテクツデザイン株式会社 ×(閲覧のみ) ◯(無料) × ほとんど事例写真がない
ASJコンシェルジュ アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社 ◯(無料) ◯(無料)
SuMiKa 株式会社カヤック ◯(無料) ◯(登録無料、成功報酬モデル) × リノベーションや低予算の事例も多い
KLASIC 株式会社アトリエあふろ ×(直接問い合わせ) ◯(サイト構築費用と月額掲載料) ×
建築家らしいアイデアの事例が多い
建築家WEB 建築家WEB ×(直接問い合わせ) ◯(無料、運営者による掲載審査がある) ×
建築家らしいアイデアの事例が多い
建築家紹介センター 建築家紹介センター(建築士) ×(依頼内容を投稿するのみ) ◯(登録無料、提案1件あたり5,000円) ×
建築事例の掲載なし
建築家O-uccino 株式会社オウチーノ ◯(無料) ? ×
新築1,000万円台の低予算の事例も多い

SNSで建築家の作品から探す

建築家もSNSを用いて情報を発信しています。気軽に無料で自分に合った建築家を探すことができるSNSは積極的に活用してみましょう。ここでは、画像から建築家を探すことができるSNS「Instagram」と「Pinterest」を使った建築家の探し方をご紹介します。

Instagram

「Instagram(インスタグラム)」は、写真を撮影、加工、共有できるSNSです。多くの建築家もInstagramを活用して自身が設計した住宅を紹介しています。Instagramでは、ハッシュタグと呼ばれる「#」ではじまるキーワードで、複数の投稿がひもづけられています。Instagramの検索窓にキーワードを記入すると、同じハッシュタグが付けられた投稿が一覧で表示されます。
建築家もInstagramを使っているからといって、必ずしもハッシュタグの扱いに慣れているわけではありません。建築家を探している方が「マイホーム」と検索しても、建築家がハッシュタグを記載していなければ表示されません。建築家がよく使用するハッシュタグなど、Instagramで建築家を探すときに便利なハッシュタグの例をご紹介します。ぜひ参考にされてください。
建築建築家設計事務所自邸住宅注文住宅リビングダイニングキッチンインテリアマイホームリノベーション建築家との家づくりデザイナーズハウスデザイナーズ住宅中庭土間

Pinterest

「Pinterest(ピンタレスト)」は、お気に入りの画像を集めて保存できるSNSです。画像を選択すると、選択画面の下に似た投稿が一覧表示されることも、Pinterestの特徴です。関連するキーワードもおすすめされるので参考になります。Pinterestでは、多くのユーザーが建築家のウェブサイトなどからお気に入りの画像を投稿しているため、画像が掲載されているページにリンクしていて、リンク先からより詳細な情報にアクセスすることができます。
また、Pinterestには「ボード」と呼ばれる機能があり、保存した複数の投稿をいくつかの項目ごとにまとめることができます。自身が保存した投稿を整理するうえでも便利ですが、好みの似たユーザーがまとめたボードから投稿を探したり、企業や建築家がまとめたボートを参照することも効果的です。
長沼アーキテクツのアカウントで、ボードなど上記で紹介した機能をまとめてご覧いただけますので、ぜひご参照ください。

検索で建築家のホームページを探す

Googleなどの検索サイトから建築家のホームページを探すことも効果的です。検索の際は、より適切なキーワードで検索することができれば、自分に合った建築家を探す近道になります。建築家を検索サイトから探す際に役立つキーワードをいくつかご紹介します。
なお、下記のようなキーワードで検索した場合、建築家紹介・登録サイトのページが上位に表示されます。その場合は、検索結果の2ページ以降を確認し、キーワードについて詳しく紹介している建築家自身のホームページを見つけることをおすすめします。積極的に情報を発信している、つまり知識を持っている建築家を選別する目安になります。

「地名 建築家(設計事務所)」

建築家は、住宅の設計を専門にしていて、実際の建設施工は建築家から工務店に依頼することになります。主に設計事務所が所在している地域の工務店に依頼することが多いため、建築家がはじめて訪れるような場所で住宅を設計する場合には、その地域に会社を構えたそれまで付き合いのない工務店に依頼することになる可能性があります。あまり付き合いのない工務店に依頼する場合、工務店が得意としない構法や設備などを設計してしまい、金額が高くなってしまうこともあります。可能な限り工務店と連携して住宅を建設できるように、住宅を立てる予定の地名を含めて建築家・設計事務所を検索することをおすすめします。

「設計事務所 相談」

親切な建築家の場合、ウェブサイトに相談の流れや費用などを記載しています。よりお客様に親切な建築家を探すためにも、「相談」や「費用」などのキーワードを、地名と合わせて検索すると良いでしょう。

「設計事務所 具体的なキーワード」

例えば「中庭のある家」や「不整形な敷地」など具体的にイメージしている住宅のキーワードを加えると、そうした住宅の設計が得意な建築家を見つけることができます。あるいは、住宅そのものに関係するものでなくても、「住宅ローン」や「適法改修」のような住宅に関連するキーワードで検索すると、それぞれの領域に強い建築家が見つかります。

雑誌に掲載されている建築家から探す

大きな本屋さんへ行くと、雑誌コーナーに住宅や住まい・暮らしに関するコーナーが設けられています。SNSなどでは誰でも情報を発信することができますが、雑誌に掲載されている情報は編集者がセレクトしているため、より信頼できると言えます。また、雑誌ごとに趣向が異なるため、好みの雑誌を見つけることができれば、自分に合った建築家も見つけやすくなります。ここではいくつかの主要な住宅雑誌をご紹介します。

カーサ・ブルータス(Casa Brutus)

マガジンハウスが発行する『カーサ・ブルータス』は、デザイン、ファッション、建築、グルメ、旅行、アートなど「暮らしのデザイン」情報を発信する雑誌です。トレンドに合わせた住宅や建築家の紹介のほか、「家をデザインするということ。」という特集号や、「美しい住まいの教科書」「家づくりの教科書」のような特別編集版など、住宅と建築家の最新事例をまとめた雑誌を発行しています。

モダンリビング

『モダンリビング』は、「家とインテリアのラグジュアリー住宅誌」とうたっているように、ハイエンドな住宅の事例などが紹介されている雑誌です。住宅に関する情報をビジュアルでわかりやすく表現するほか、設備やインテリアなどの建築家による解説なども掲載しています。

住まいの設計

『住まいの設計』は、建築家やハウスメーカーの実例などを紹介する住宅雑誌です。各号では、自然素材を用いた家づくりやハウスメーカーと建築家の比較など、一般的な暮らしに近い視点から建築家を探すことができます。

住宅特集

『住宅特集』は、日本を代表する建築専門誌「新建築」が発行する、住宅に特化した専門誌です。建築設計者向けの専門書という側面があるため、詳細な設計図など専門的すぎる情報が多いですが、今最先端の住宅デザインを知るには適した雑誌です。

LiVES

『LiVES』は、デザイン住宅、デザイナーズ・マンション、リフォーム&リノベーションなど、おしゃれにデザインされた住宅の情報が掲載された雑誌です。リノベーション特集や北欧デザインに関する記事など、さまざまなライフスタイルに合わせた住宅と建築家が紹介されています。

イベント

複数の建築家が参加するイベントに参加すれば、一度にさまざまな建築家に住宅の相談をすることができます。実際に話をすることで、建築家を選ぶ際の参考になるでしょう。イベントは主に仲介業者が主催しているため、参加している建築家に依頼するためには会員登録等が必要になる可能性があります。事前に確認するようにしましょう。

ASJ建築家展

「ASJ建築家展」は、全国の建築家と工務店をつなぐネットワークをつくるASJが主催するイベントです。各都道府県で定期的に開催されています。毎回複数名の建築家が参加し、20分での簡易プラン提案など、さまざまな企画が行なわれています。ウェブサイトから開催する場所ごとに検索することができます。

紹介

家族や知り合いに建築家へ住宅の設計を依頼したことのある方がいれば、紹介してもらうことも有効な手段です。実際に完成した住宅を拝見させてもらったり、住宅をつくる際の体験談を聞くことで、直接同じ建築家に依頼しない場合でも、建築家を選ぶ際の参考になります。

自分に合った建築家の選び方、注意するポイントとは?

建築家を探す方法についてご紹介しましたが、複数の建築家の中から自分に合った建築家を選ぶためには、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

まず、出身事務所などの建築家の経歴が重要です。「建築家の種類とは?資格免許や経歴の違いを紹介」で解説したように、建築家には経歴によって特性が大きく異なります。アトリエ設計事務所出身の建築家であれば、住宅の設計に特化した経験を積んでいるので、作風やグレード感なども実績から汲みとることができます。組織設計事務所出身の建築家なら、住宅だけでないさまざまな建築の設計経験があり、コスト管理に長けた建築家が多いです。また、ハウスメーカー出身の建築家なら、住宅に関する細かな問題点や工夫するポイントなど、住宅建設の経験が豊富です。
建築家を選ぶ際には、その建築家がどのような事務所出身なのか、経歴を確認してみましょう。

ウェブサイトにお金をかけているか、ブログやSNSを頻繁に更新しているか、などは、信頼できる建築家の目安になります。中には、住宅ローンや予算オーバーなどの知識に乏しい建築家もいます。ウェブサイトやブログ、SNSなどで住宅に関するお役立ち情報を積極的に発信している建築家は、それだけ知識が豊富であると判断できるでしょう。
また十分なスタッフの数がいるかなど、設計業務に取り組む体制についての情報も、どれだけひとつの住宅の設計に時間をかけて取り組んでくれるかの目安になります。

ウェブサイトなどで自分に合った建築家を探すことができたら、上記のような情報をもとに信頼できる建築家を絞り込み、問い合わせる建築家を選定しましょう。建築家に実際に会って話した際の印象も重要です。建築家とは、複数の打ち合わせや提案を重ね、住宅が完成するまでの長い時間、顔を合わせることになります。意思疎通と会話ができる相手かどうか、見極めることが大切です。また、住宅を建てるには多くのお金が必要になります。建築家とお金についての話を円滑に行うことができるか、同時に印象を確認するようにしましょう。

建築家に相談するときの流れと費用の目安

自分に合った建築家を選び、その建築家が信頼できるかを判断するためには、建築家に相談するときの基本的な流れや期間、費用の目安を知っておく必要があります。建築家と一緒に住宅をつくるにあたっての基本的な情報を確認しておきましょう。

初回打ち合わせ

自分に合うと感じる建築家を選ぶことができたら、まずは連絡をとって、初回の打ち合わせを行います。建築家の設計事務所で行なわれることが多いです。これまでの事例を見ながら、住宅への希望や要望、予算などのヒアリングが行なわれます。初回の打ち合わせは、ほとんどの建築家が無料で実施しています。

初回提案

建築家は、初回の打ち合わせでヒアリングした内容をもとに、初回の設計提案を行います。初回の提案までの期間は建築家によってことなります。カタログから希望の間取りや仕上げなどを選ぶことで提案期間を短くしているハウスメーカーと異なり、建築家はゼロから設計案を考えるため、2−3か月程度の時間を要する設計事務所が多い傾向にあります。長沼アーキテクツは、工務店と連携することで1週間程度での設計案のご提案が可能です。
初回の設計提案の費用は、無料で実施している建築家もいますが、多くは有料となっています。目安は数万円〜10万円程度です。工務店やハウスメーカーの提案が無料なのは、建設施工や手数料など、別サービスでの収益があるので実現しています。建築家は設計提案が主な業務ですので、その分有料になります。

基本設計〜実施設計

依頼する建築家が決まれば、契約を交わし、具体的な設計期間に入ります。基本設計では、平面図や断面図などの図面に加え、仕様や仕上げなどの概要を、約3か月で作成します。実施設計では、実際に工務店の職人が住宅を建てられるよう、より詳細な図面や仕様などを作成します。こちらも3か月程度の期間を要します。
なお、建築家に支払う設計料の相場は、総工事費の約10%と言われています。建築家によって異なるので、確認するようにしましょう。

工務店契約

設計が終われば施工する工務店を選定し契約します。基本設計の段階で契約する場合と、実施設計が完了してから契約する場合がありますが、多くは実施設計後の契約となります。実施設計後の契約では、具体的な設計資料ができていますので、より正確な施工費用の見積もりが可能です。

施工〜工事監理〜竣工

施工がはじまると、建築家は工事監理を行います。工事監理とは、設計内容通りに施工が進んでいるかを確認する業務です。建築家は、どう適切に施工が進んでいるか、不適切な場合はどう是正したかを施主に報告します。

自分に合った信頼できる建築家を選ぼう

建築家には、得意な分野や特性の違いがあります。建築家の選び方の種類や選ぶ際に注意すべきポイントを理解して、自分に合った適切な建築家を選んで相談しましょう。

  • 建築家は建物の設計を行う専門家で、規格化された住宅を販売するハウスメーカーや住宅の施工までを行う工務店とは異なる
  • 建築士免許には3種類あるが、小規模な住宅であればいずれの資格の建築家にも依頼することができる
  • 建築家の経歴には、アトリエ設計事務所出身・組織事務所出身・ハウスメーカー出身の3種類ある
  • 建築家を探す方法には、建築家紹介サイト・SNS・ウェブ検索・雑誌・イベント・紹介などがある
  • 建築家の選び方には、経歴のほか、ブログやSNSなどで信頼できる情報を発信していて知識を持っていることがわかるなどの指標がある
  • 建築家に相談する時の一般的な流れや費用の目安を知っておくことで、探した建築家が信頼できるか判断する

長沼アーキテクツは、ファイナンシャルプランナーと一級建築士の資格を持つ「お金と住宅のプロ」として、予算オーバーや住宅ローンについての知識を活かした住宅の設計提案を行っています。敷地の選定や法規など、住宅に関する様々なご相談にもお応えできますので、お気軽にお問い合わせください。

建築家の探し方に関する事例・リンク

建築家住宅で予算オーバーを防ぐには?設計料、工事費、住宅ローンなど、資金計画で失敗しないコツや各費用の内訳をプロが解説
建築家に住宅を依頼して予算オーバーが起こる原因や、予算オーバーを防ぐためのポイント、注文住宅のお金の相談先となる建築家やファイナンシャルプランナー(FP)といった専門家の特徴を解説してます。

地元の工務店と協働して注文住宅の費用対効果を高める設計事務所とは?住宅ローンや贈与にも詳しいFPを持つ建築家活用のメリット
建築家が工務店と設計初期段階から協働するメリットを解説した記事です。予算オーバーを防ぎ、住宅の費用対効果を高めるためのポイントがまとめられています。