地元の工務店と協働して注文住宅の費用対効果を高める設計事務所とは?住宅ローンや贈与にも詳しいFPを持つ建築家活用のメリット

注文住宅の家づくりでは、大手ハウスメーカーや地元の工務店、設計事務所など複数の選択肢があります。敷居の高そうな設計事務所ですが、地元の工務店とコラボすることでお互いの担当業務の強みを活かし、施主の要望も盛り込んだ資産価値の高い注文住宅を建てることが可能です。

設計の初期段階から地元の工務店と協働し、計画内容を把握することで、予算オーバーを防ぎ、予定通りの工期で完成することができます。ただ、地元の工務店と上手く協働できる設計事務所は限られます。

この記事では、地元工務店と協働することが得意な設計事務所の特徴、家づくりにおいて建築家を活用するメリットがわかります。

地元の工務店は地域との関係性や技術力を持っているが、注文住宅の設計力が弱いことがある

地元の工務店は、地域に根ざして業務を行っているため、地域とのつながりが強く信頼感もあります。技術力の高い職人が多く在籍しているため、その工務店が作る住宅のテイストが好みであれば、堅実な住宅を建てることができます。

ただ、工務店は施工技術に特化しており、実は設計部を持っていない工務店がほとんどです。
そのため、工務店から設計ができる社外建築士を紹介されることがありますが、必ずしも依頼主の希望と合うとは限りません。

地元の工務店と協働できる、理解力とデザイン力がある設計事務所も限られる

設計事務所もさまざまで、地元の工務店とうまく協働できる設計事務所は限られます。工務店の得意とする工法を理解して設計に生かす力があり、施工以外の注文住宅設計で必要な能力をすべて持っている設計事務所でないと、地元工務店と協働してもうまくいかないことがあります。

注文住宅の設計が得意な設計事務所は、顧客の要望を聞くだけでなく言葉にできない顧客の潜在的な要望を形にするデザイン力・設計力、住宅取得までの資金計画、コストコントロール、地元工務店との間での工程管理ができる力を持っています。

地元の工務店と設計事務所のコラボで、費用対効果の高い注文住宅をつくる

上記のような設計事務所と、施工技術の高い工務店がコラボすれば、費用対効果の高い注文住宅が建てられる可能性が高くなります。

費用対効果の高い注文住宅とは?

費用対効果の高い注文住宅は、2つの要素があります。

  • 余計なお金をかけていないのに、高品質な注文住宅
  • 資産価値の高い注文住宅

また、ライフステージ(転職、定年、年金受給開始、介護など)やライフプラン(お子さまの誕生や、親御さまとの同居など)の変化に適応できる土地や建物、年齢を重ねても飽きがこない普遍的なデザインが施された住宅は、長く愛される住まいとして価値が高いといえます。

藤久保の家
長沼アーキテクツが手がけた藤久保の住宅は、台形の敷地にあわせて住宅プランを台形に。土地を最大限有効活用した。

費用対効果の高い住宅を作るには?

地元工務店は、業務エリアを絞ることで地域住民の口コミやお客さんの紹介で仕事が入ってくるため、広告をほとんど行っていません。そのため、地元工務店に依頼すると、広告宣伝費が上乗せされず、かけた費用以上に品質の高い注文住宅を建てることができます。

資産価値の高い注文住宅の条件はいくつかありますが、土地の価値が下がりにくいエリアに建てること(住宅用地の選び方)、普遍的なデザインであること、使いやすい間取りや効率的な家事動線、高い住宅性能(耐震性、耐久性、耐火性、断熱性、気密性)を持っていることなどが挙げられます。

地元工務店と設計事務所との得意分野をコラボすれば、費用対効果の高い注文住宅を建てることができます。

size-full
長沼アーキテクツが手がけた西大泉の住宅は、老後を見据えて1階で生活ができるプランとし、コンパクトな家事動線にこだわった

長沼アーキテクツが地元の工務店とのコラボで提供できること

長沼アーキテクツは、建築家でありファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持つため、お金と建築プラン、両面からの提案ができます。地元の工務店とも多数協働・コラボしており、お客様が決めた工務店の施工も、長沼アーキテクツの提携工務店に施工を依頼することも可能。早い段階から地元工務店と協働することで、予算と設計のズレをなくします。

住宅ローン

住宅ローンを利用する場合、注文住宅の新築時に必要な借り入れ金額だけでなく、住宅のメンテナンス費用やライフイベントでかかるまとまったお金まで、総合的に考えることが大切です。

長沼アーキテクツが提供できるサービス「お金デザイン」を活用することにより、本当に無理なく暮らせる借り入れ可能金額がわかります。住宅グレード(耐震等級3、長期優良住宅認定)を提案でき、仕様によっては住宅ローン控除額を増額することも可能です。

相続や贈与

自己資金以外の状況(相続や生前贈与で譲り受けた土地や資金)を踏まえ、それらにかかる相続税や贈与税を踏まえて、資金計画を立てることが得意です。

FP

ファイナンシャル・プランナー(FP)資格を持ち、お金のプロでもある長沼アーキテクツ。
注文住宅の建築時コストだけでなく、住宅の長期的なメンテナンス費用、個々の家族事情にあわせたお子さんの教育費や老後の生活資金や介護費用、リタイアのタイミングと年金受給額など、依頼主ご家族の一生涯トータルの資金計画を考えたファイナンシャルプランを提供可能。

住宅用地の法チェック検討、ボリュームチェック(VC)、ボリューム出し

注文住宅の土地が決まっていない場合、検討されている注文住宅用地を、土地購入前に建ぺい率や容積率、斜線制限や高さ制限など法チェックをした上で、建物のボリュームチェックを行うことも可能です。

見た目は道路でも法的には接道しておらず、不動産購入契約前にリスクを発見できた例

「ほぼ確定プラン」

工務店と協働するメリットが大きい、長沼アーキテクツのオリジナルプラン。
一般の設計事務所が見積もりするタイミングは、注文住宅の基本計画が終わったあと。さらに実施設計が進むに従い、見積金額は増額しがちです。住宅の仕様がほぼ決まってから減額検討すると、日数が余計にかかることもあります。

「ほぼ確定プラン」では、依頼主ご家族の住宅に対する要望をお聞きした上で、設計契約前にコストと工期を90~95%確定し、できあがりのイメージを掴んでいただけます。お客さんの住まいのイメージとお金のギャップが少なく、他にはない安心感があります。

詳しくは、長沼アーキテクツ|ほぼ確定プラン のページ下部で説明しています。

お金デザインを活用することにより、お金と工期の不安を大きく軽減

デザイン性の高い注文住宅の家づくりをお考えの方には、地元工務店と設計事務所のコラボをおすすめします

注文住宅の家づくりにおいて依頼先は複数ありますが、工務店がすでに決まっている場合や、土地形状が不整形、建築法規的に複雑なケースは、設計事務所が心強いパートナーになります。

  • 地元の工務店は、堅実な仕事と施工技術の高い職人が多い点が魅力だが、設計部をもたない工務店がほとんどのため、設計事務所と協働している工務店であればデザイン面でも満足いく可能性が高い
  • 地元の工務店と協働でき、注文住宅設計で必要な能力の高い設計事務所も限られるため、工務店との協働している設計事務所だとベスト
  • 注文住宅の家づくりを成功させるには、地元の工務店と協働経験が多い設計事務所を選び、工務店と設計事務所の良さを最大限に活かすことがポイント
  • 注文住宅のプランニング段階など、できるだけ早い段階から地元の工務店に入ってもらうと、予算オーバーを防げる
  • 土地探しから協力も可能で、不動産仲介会社も把握していない建築法規面での問題も、事前チェックが可能

長沼アーキテクツでは、ファイナンシャル・プランナーの立場から資金面の不安を解消し、建築家の立場から注文住宅の家づくりにおけるあらゆる課題を解決します。地元の工務店と協働経験も豊富であるため、注文住宅でお悩みの方はまず一度お問合せください。

長沼アーキテクツが地元の工務店と協働した実績紹介と関連サービス

プロジェクト全員が協力して、移転・建替えを実現した西大泉の家
10ヶ月後に立ち退きという厳しい条件の中、設計段階から工務店が参画し、工期とコストを早期確定。コストコントロールと竣工・入居までのスケジュール管理を行った事例

自宅兼事務所で事務所と住宅をスムーズに行き来できる仙川の家
自宅兼事務所の設計にあたり、設計段階から工務店が協力。工務店を交えてコスト調整や工期の検討を行った事例

トップライトから自然光が注ぐリビングのある中目黒の家
持ちマンションを売却され新築注文住宅へ住み替えるにあたり、設計段階から工務店と協力し、工程管理と新居引越しまでのスケジュール管理を行った事例

資産形成するお金デザイン、ほぼ確定プラン
資産形成の助けとなる解決策を、ファイナンシャルプランナーの技術と知識を活用しご提案。金融機関ごとに異なる融資の対応も熟知しており、ご依頼主様ごとに最適な金融機関を支援します。設計契約前にコストと工期をほぼ確定できる、「ほぼ確定プラン」が好評

←お役立ち情報一覧に戻る